天然歯は正しいメンテナンスを行っていれば、乳白色の大変美しい色調を維持することができます。
しかし、食べ物や飲料の色素が歯の表面に付着してしまうと、歯の黄ばみや汚れを招く原因となるのです。



審美歯科では、天然歯の本来の美しさを引き出す治療に加え、歯の治療を施した箇所の見た目などにも配慮し、美しさを重視した治療が行われています。

Infoseek ニュース情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

歯の本来の美しさを引き出す方法としては、特殊な薬剤を用いた審美性を向上させる歯のクリーニングが挙げられます。



これは毎日の歯磨きでは落としきれない汚れを特殊な薬剤を用いて除去するもので、専用機器を用いた歯の清掃は、食べ物に含まれる強力な色素による変色も改善する事が可能です。


この審美歯科でのクリーニングを定期的に受けることで、歯の白さを継続的に維持する事が出来るようになります、また、審美歯科では歯の治療で使用している詰め物にも配慮した治療が行われていることが特徴です。

通常の虫歯治療では、金属や樹脂製の詰め物が使用されることが多く、治療箇所の詰め物が目立つ事があります。

この詰め物の色調の問題を改善するには、セラミックなどの天然歯と同等の色調を再現できる素材を使用し、歯の治療を施してもらう事が必要です。
そのため、審美歯科では歯の治療箇所にも配慮し、口腔内の歯の色調のバランスを整える治療も行われており、審美性に優れた素材を用いて歯の詰め物による色調面の不具合を改善しているのです。


Copyright (C) 2015 歯の本来の美しさを強調できる審美歯科での治療 All Rights Reserved.